re:
あれから
これから
それから

変化したもの
変わらないもの

ワカッタこと
知らなかったこと

どうでもよくなったこと

ゆずれないもの

キラキラしていた思い
これからの自分に期待すること

re:

昔って
どのへんをいうのだろう

わたしはわたし

昔のわたしはわたし?
生きることは。。。。
力を抜くこと

生きることは
強くあること
[PR]
# by huskidbee88 | 2010-05-22 02:18 | 日常
ときめく
何もない

いうことは

想像力とか・・・・
共存とか

が必要なわけで。

それと同時に、何が必要で何がいらないのか
という選択力 が問われるのかも。

何もないから、頭の中をいろいろな
妄想がとびかって。
ふぁーふぁーって
にまにまする。

おっ!ひらめき
おっ!トキメキ

なんだか、曇ってきた。
雷だ。

ゴロゴロゴロ・・・

自然が紡ぎだす音の重なり
ひとの足音

駆け足・・・

聴く
[PR]
# by huskidbee88 | 2008-08-05 12:59 | 日常
た べる




すべてをおだやかにする。
おいしいご飯

さやさやとした風の音

自然と体がかるーくなって

体の余分なものがそぎ落とされてゆく。

あたりまえに生きること

どうせたべるなら、体にいいものを。
それが体をつくり
心をやさしくする
[PR]
# by huskidbee88 | 2008-08-02 21:27 | food&cook
あらしの夜に
嵐がくる前の日。
詳しくいうと、嵐の晩。

むかしっからそう。
明日は、嵐だから一歩も外にでられなくて。
ごーごーいう外のザワメキを家のなかでじっとしながら聞き入る。
なんだか、無償にわくわくする。

家のなかでなにをしようか。
なーんて。こもっきりで。。。

きっと小さい頃は、嵐がくると学校が休みになったから・・・・
その特別な日の感覚があって、ちょっとわくわくしてしまうのかも。

■おいしいコーヒー
■掃除
■たらーんとしたピアスを作る
■銀河鉄道の夜

tan tin ton
[PR]
# by huskidbee88 | 2008-06-03 01:27 | 日常
ことば
ことばのやりとり。

それは、離れた人との会話。

電話。メール。

けれどやっぱり手紙が一番心地よい。

面と向かっていない。
時間差。

その、ちょっとしたお互いの時間のずれが
ひとつの物語を語っているよう。

手紙を書きポストに投函して。
相手に届く。
封筒を目にし、なんだか子供みたいにわくわくして封をあける

こぼれおちる言葉。

メールでもなくて。
電話でもなくて。

一人として、相手と向き合える。
なんだか本音もすらすら書ける。

不思議。

世界は進化して、メールでもなんでもひととつながれるけれど。
手紙はずっとなくならないだろうと思う。

手紙を書く。

こと。
[PR]
# by huskidbee88 | 2008-05-15 01:45 | 日常
そぎおとす たくわえる
だんだんと。わかってきた。

いるもの。いらないもの。

物欲がなくなってくる。

ちゃんと選んで、吟味してようやく手にする物
いとおしく思える。
その物たちが、ひっそりとけれどちゃんと存在感があって、
たたずむ様子を眺めている。

ほっとする。

かわりゆくものへの、恐怖感と。
かわらないものへの安堵感。

と、でもたまには小さな変化も必要なわけで。

最近は、おいしいものを食べたい。
食欲がましてきた。
[PR]
# by huskidbee88 | 2008-04-28 01:16 | 日常
つぺらつぺら

ぴかぴかしたもの。
すべすべしたもの。

おいしい匂い。
鮮やかな赤 緑 

おだやかな日差し

目で見るもの
触るもの

こんなにも感覚は確かなのに。
今日の1日をいつかは忘れてしまう。

ただ、それだけに怯えてはいられず。
だからこそ人はものを作り続けるのかもしれない。

確かなものなんてないのかもしれないが。

いつもと違うをしてみるのもいいもんだ。

けれどまたいつもに戻るのもいいもんだ。

自分のすべくことに日々驚き、考える。

■バジルとトマトのパスタ
■赤ワイン3杯
■明日も晴れ
[PR]
# by huskidbee88 | 2008-03-08 18:19
かんじる・かんがえる・ないてみる
b0027171_222282.jpg

藤森建築と路上観察学会
オペラシティ
にて

かけこみでいってきた。

会場にはいって目に飛び込む、素材素材・・・
加工加工加工
うむ。すばらしき手わざ!
ハイテク技術でもなく、なんの派手なことはない。
ただいえるのは、そこには人間の手わざとこつこつと時間がかかっておるのだ。
職人の技術に勝る昔ながらの日本建築をおもわせる。

けれども、どことなく野蛮な感じがする。
それが藤森流だろうか。

彼の手にかかれば、柱一本を変幻自在かえることができる。
木の枝は、ペンダントライトを下げるための支えになる。

このひとの建築ほど自然を感じるものはない。
けっして自然的なものではなくて。
自然そのもの。

ただ素直に、素材とむきあう。
職人。

すばらしくって。すばらしくって。なきそうになる。

同時にものをつくりたいという思いがよぎる。
いまの現状。精神状態。
なにもかもがいやになって、悔しい思いだけ。
本気でものをつくりたい。

学生のときはものをつくることが当たり前だった。
毎日、頭のなかではひっきりなしにアイディアの種を探していた。
毎日のくらし。みるもの。全てから何かを探っていた。

いまのくらし。
消化するだけ。
ただその毎日に、仕事に慣れつつある。
それが一番怖い。
そうはなりたくない。
過ぎ去る人もモノもただただ時間みたいなもんだ。
目をつむったら、存在すらなくなってしまう。

わたしは苦しいし、悔しい。

意味のあるモノ・人と関わること。
手元から着実に伝えていくことはできる。
そうわたしは信じる。


先生からのメールがこんなときにあった。

ものづくりをしたい気持ちがわいてきてよかった。
ものづくりの道を本気で探りなさい。

この一言で。決心した。
つくらなければ、きっと後悔する。
いつかではだめ。
本気でものづくりをしようとおもう。
[PR]
# by huskidbee88 | 2007-07-04 02:24 | design
ただそれだけのこと
毎日を正しくくらすってことは
どんなこと。

毎日、しゅんとして
びくびくしたり。笑ったりする。

何が理由で嫌になるのか・・・
自分に合っているのか。
どうなのか。

ただわたしが悪いから、当然しゅんとするわけで。
単純ではあるけれど。
先が見えない不安はやっぱりくるもんで。

ひとよりモノ事をしっていることは、えらくもなく。
知らないことは貧しいことでもない。
けれどわたしは、いろいろなことを見たいし知りたい。
自然とつきつめると、知ってしまうのだ。

知れば知るほど、つくりたいと強く思ってしまう。

毎日計算機と顔をあわせることが多くなった。
[PR]
# by huskidbee88 | 2007-06-09 01:29 | 日常
ただそれだけのこと
毎日を正しくくらすってことは
どんなこと。

毎日、しゅんとして
びくびくしたり。笑ったりする。

何が理由で嫌になるのか・・・
自分に合っているのか。
どうなのか。

ただわたしが悪いから、当然しゅんとするわけで。
単純ではあるけれど。
先が見えない不安はやっぱりくるもんで。

ひとよりモノ事をしっていることは、えらくもなく。
知らないことは貧しいことでもない。
けれどわたしは、いろいろなことを見たいし知りたい。
自然とつきつめると、知ってしまうのだ。

知れば知るほど、つくりたいと強く思ってしまう。

毎日計算機を顔をあわせることが多くなった。
[PR]
# by huskidbee88 | 2007-06-09 01:25 | 日常